病気の部屋

 

頭部領域

 

準備中


準備中


準備中

準備中

胸部領域

 

準備中


準備中


準備中

準備中

腹部領域

 

準備中


準備中


準備中


準備中

脊椎・脊髄領域

 

準備中

準備中

準備中

準備中

四肢領域

 

準備中


準備中


準備中

準備中

その他

 

睡眠時無呼吸症候(Sleep Apnea Syndrome:SAS)

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に呼吸が止まる病気です。
10秒以上の無呼吸が一晩に30回以上、または1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸と診断されます。
寝ている間の無呼吸には自分で気づかないため、検査や治療を受けていない潜在患者が数多くいると思われます。
多くの方は家族から「いびきがうるさい」とか「寝ている間に呼吸が止まってびっくりした」と指摘されて、来院されます。
この病気の怖いところは、本来最もリラックスしている睡眠中に呼吸が止まることで体が強いストレスにさらされるため、日中の私たちの活動に様々な悪影響を及ぼすことです。

・症状
【寝ている間】
大きないびきをかく。
いびきの合間に呼吸が止まる。
むせたり、何度も目が覚めたりする。
【日中】
強い眠気がある、居眠りをしてしまう。
倦怠感、疲労感などが強い。

このほか、高血圧、糖尿病、虚血性心疾患、脳血管障害などの発症と密接に関係があります。

・原因
気道の閉塞(閉塞性)と脳の異常(中枢性)によるものの二つがあります。
【閉塞性無呼吸】
肥満、扁桃肥大、鼻詰まり、舌根(舌の付け根)の落ち込みなどにより気道が狭くなることが原因です。
【中枢性無呼吸】
脳の呼吸中枢から呼吸指令が出なくなることによる無呼吸です。

・検査
簡単な問診のうえ、検査が必要と判断された場合、以下の検査を行います。
【簡易検査】
取り扱いの簡単な検査機器を夜間睡眠中に装着していただいて、自宅で行います。
多くの場合はこの簡易検査のみで診断できます。
【精密検査】
簡易検査よりもさらに詳しく、睡眠や呼吸の質まで調べる検査です。
一泊の入院を必要としますが、夜間睡眠中の検査ですので仕事終りの夜に入院して検査をし、翌朝出勤前に退院できるよう調整します。

・治療
肥満や扁桃腫大が主原因の場合は、減量や手術で気道閉塞を改善することで無呼吸が改善することがありますが、多くの方はCPAP(シーパップ)という器械を装着して寝ていただくことで治療を行います。
CPAPとは経鼻的持続陽圧呼吸療法(Continuous Positive Airway Pressure)の略で、鼻に装着したマスクから気道へと空気を送り込み、寝ている間の無呼吸を防ぎます。
CPAPは根治療法ではないため、器械を装着しないと再び無呼吸が生じます。
長期間にわたって続けることになる治療ですので、定期的に受診していただき、器械の設定やマスクのフィッティングの確認を行います。

準備中


治療方針 方針イメージ


ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入ります。ここに紹介文が入りま